ホーム

安全に安心してプレイしよう!

おすすめ記事

最近の投稿

Gravatar

インターカジノで大人気ビデオスロットを無料プレイ!

カジノや大勢の人が集まる施設の責任者は、万一の災害時にお客様や従業員の安全を確保するために、効果的な緊急事態対応計画を策定する必要があります。幸いなことに、今日では技術の発達により、極めて効率的に緊急事態を緩和し、人々を避難させることができるようになりました。

 

第一のステップとしては、従業員の中に応急処置や心肺蘇生法を知っている人がいるようにすることです。これは、人命救助につながる可能性があるため非常に重要です。

そして対応計画で始めに行うべきことは、予防策に全力を尽くすことです。危機的な状況下で適切に対応するためには、まずどのような問題が起きる可能性があるかを把握する必要があります。リスクアセスメントを行い、それに基づいて、被害やリスクを最小限に抑えるために必要なすべてのステップを計画しましょう。カジノでも他の施設でも、一番に考えなければならないのは、人命の安全を確保することです。お客様と従業員の両方を安全に守るために、明確な避難計画を常備しておくことが第一の優先事項となります。

 

全員の安全が確認できたら、次に状況を安定させることに目を向けます。火災が発生した場合、消防隊が到着するまでの間、従業員(消火器の操作を知っている)がそれ以上の延焼を防ぐことができるよう、消火器を完備することが義務付けられています。

 

災害によっては、施設に甚大な被害をもたらし、その修復に莫大な費用がかかることもありますので、状況を安定させることは、緊急事態対応計画の対応策の中でも2番目に重要となります。

すべての危機的状況が火事や気象災害に関連しているとは限らず、凶器を持った悪意のある人やグループが侵入することで、危険が引き起こされることもあります。このような状況を予測することは困難ですが、起こらないようにするためには、不審者や不審な行動を察知し、事故を未然に防ぐための訓練を受けたスタッフを備えた警備サービスを採用するのが理想です。

 

しかし、警備サービスだけに頼るのではなく、そのような危機的状況が起こった時の対応策について、全従業員を教育することも大切です。例えば、銃声や悲鳴のような音が聞こえたら、すぐに隠れること、あるいは避難路を把握しておくことなどが挙げられます。慌ててドアや窓から脱出しようとするのではなく、部屋に閉じこもって隠れるのも効果的でしょう。

危機的な状況は数多くありますが、それぞれの状況に対する適切な対応策を準備するために、施設を襲う可能性のある災害の一部ご紹介します。人為的な状況には、偶発的なものと意図的なものがあります。偶発的なものには、火災の発生、危険物の流出、建物の崩壊、交通機関の事故などがあり、意図的なものには、テロ、爆破予告、暴力を伴う抗議活動、誘拐、人質事件などの犯罪が含まれます。

 

自然災害では、地震が最も一般的ですが、津波などの災害による洪水の被害が発生することもあります。また、在住する地域によっては、竜巻やハリケーンなどの驚異的な風速が引き起こす災害が発生することもあります。また今はご存知の通り、世界的なパンデミックが発生しており、同種の生物学的な災害からも施設を守る必要があります。